花壇とベランダに仲間が増えました

  • 2014.04.07 Monday
  • 20:01
JUGEMテーマ:日記・一般

週末植えた花のメモをしておきます!

我が家に10年ほど毎年濃いピンクの花びらを舞わせていた薔薇のレオナルド・ダ・ヴィンチが、どうやら虫にやられた模様で今年若葉が全然芽吹いてくれませんでした。3mほど大きく育っていたので、この枯れ蔦を使ってクレマチスを這わせる計画に!

玄関ポーチのバラの鉢に、3種類苗を植えました。

こちらは左から、
冬咲常緑のホワイト・エンジェル(コンナータ系)
ピンクパーフェクション(モンタナ系)
ドクターラッペル(パテンス系)

  

玄関横の花壇を復活させて植えたのは・・・

ボイセンベリーとジャックマニー系のクレマチス
  

2階の東側の狭いベランダには窮屈ですがこんなに沢山!

左の写真手前の大きな葉っぱの鉢はイチジク
真ん中がジューンベリーのチーセン(2番目の写真みたいな実がなるそう)

  

奥のラティスに2種類のクレマチス。1種類はモンタナという品種、あと一つはたぶんテッセンだからこれもモンタナ系?
 

右奥のハンギングに下げようと思ってるのが常緑のフォステリー系ピクシー



そこから水連鉢の向こうに
パテンス系の妖精
テキセンシス系のグラブタイビューティー
シルホサ系の冬咲常緑のジングルベル?
  

睡蓮鉢の手前の葉っぱの茂ってるのは、初めて育てたクレマチスさん。
四季咲きであまり手のかからないお利口さんです。
毎年こんな花を咲かせてくれてます。

 

ちょっと一度に増やしすぎましたが、冬に縮こまっていた気持ちが解放されたから仕方ありません!
まだまだこれからの1年苗ばかりなので楽しみです。
今年は2年目のイチジクも実はかなり楽しみにしています♪





 

久々のブログ更新です。ただいま〜!

  • 2014.04.07 Monday
  • 19:17
JUGEMテーマ:日記・一般

久しぶりの投稿です。

仏検に頑張った2013年暮れ、無事1次合格したのですが・・・
愛犬木蓮ちゃんが扁平上皮癌と診断されたり、家族が長期入院したり、諦め放置していた問題が動き出したり、止まったり消えたりまた現れたりと諸々色〜んなことがあり、ブログを更新する気力がありませんでした。

新年度を迎え、ふと気づくとJUGEMやロリポップの更新の時期になり、
危うくブログを無くすところでしたが、どうにか手続きが間に合って今に至ります。

年明け早々体調を崩し、なかなか治らないまま、3月半ばからまたたちの悪い風邪にかかってしまいました。不覚・・・。
咳は残るし、お腹の調子もイマイチ・・・運動しようとしても寒気がしたり頭痛がしたりで参ります。

春の花冷えで体調がついていきませんが・・・これって歳のせい??

ですが、この週末やっと体を動かす気力が戻り、玄関回り、花壇回り、ベランダガーデンを整理いたしました!!
気持ちも晴れやかに、またブログ再開できるようぼちぼちいきたいと思います。
あ〜・・・「毎日ひとことフランス語トレーニング」サボってるし・・・恥!

そんなこんなですが、また、私のマイペースにお付き合いいただければと思います。
 

2013年仏検準1級受けてきました。

  • 2013.11.30 Saturday
  • 12:03

2013年秋の仏検準1級受けてきました。
試験日周辺で色々なことが起こってしまい書く気にならなかったのですが、
記録に残しておきたいので、向き合ってメモしておきます。


1 名詞化問題     8点(10点)
2 多義語問題     5点( 5点)
3 前置詞問題     2点( 5点)
4 動詞選択活用問題  6点(10点)
5 長文穴埋め問題   3点( 5点)
6 長文内容一致問題 16点(16点)
7 長文要約問題    ?点(15点)
8 仏作文問題     ?点(14点)

ここまでで、40点+長文要約問題+仏作文問題

書き取り問題      ?点(20点)

聞き取り問題
1           5点(10点)
2          10点(10点)


120点中・・・何点でしょうね???


聞き取りの確実な点数が15点なので、点数のわからいところで
トータル20点とれてると例年の6割合格基準として
一次合格を期待できるけど、設問7が12点くらいとして67点。
仏作文が半分の7点取れたとして74点でしょ・・・。

なぜこれで悩むかというと、書き取りが凡ミスだらけで
自信ないのですよね。。。?部分も自分でよいと思っても切られることあるし・・・。

果たして、今年は合格基準点が高いのか低いのか、例年並みか・・・。
6割で72点。あとは合格発表を待つばかりです。

書き取り問題の凡ミスもさることながら、聞き取りの設問1なんて、
性数一致と綴りミスで3点もロスしてます。

今回で多分4度目の受験です。
最初の2回は10数年前、3回目が2〜3年くらい前?で今回です。
毎回受かってると思いながら落ちるので今回も期待はしていませんが、
それでも、名詞化問題に実力がついたのが嬉しい。

では、12月半ばに一時合格の通知が届く予定なので、
それまでは、「虎と小鳥」の教材で楽しみたいと思います。


励みになります。ポチしてください↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

にほんブログ村


仏検まで1月切りました。

  • 2013.11.05 Tuesday
  • 23:38
皆さまお久ぶりです。女の子

11月末に仏検準1級を受けることにし、準備に3冊ほど参考書を漁り、辞書の後ろの動詞活用表を復習がてら書き込む日々。
今日、全世界統一模擬試験という「虎と小鳥」の準1級準備講座の流れで受けたのですが、意外や意外。弱点だった名詞化の問題が結構解けてるではありませんか!へ〜

ここで、自分の弱点をもう一度見直してみることにします。

・名詞化問題は「フランス語名詞化辞典」の不得意単語を集中的に覚えなおす。

・前置詞等穴埋め問題は「1級・準1級対策問題集」で固める。

・動詞選択時制書き換え問題は、単語選択を誤らないよう語彙力補強も必須。時制は辞書後ろの変化表で訓練。時制自体の選択は・・・神のみぞ知る!?5問中3問正解を確実に!

・長文読解は落ち着いてよく読む。

・聞き取り穴埋め問題は、最初の読み上げ時からメモを取る。

・書き取りは肩こり防止にマッサージをしておく。(←これかなり重要:緊張して筋肉が強張ると字が汚いから)

・仏作問題は長期の課題。問題集で型をマスターすべし!

今回合格点はクリアしてた模様ですが、見たことある問題があったからということもあり油断大敵です。
いつも2点、3点に泣いてきただけに、寝不足でも頑張るもんね。コーヒー

この秋 仏検受験される皆さま あと少しです。頑張りましょうね!
たかが仏検、されど仏検。。。


励みになります!↓ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:
フランス文化・フランス語

フランス語でひと言日記トレーニング

  • 2013.10.23 Wednesday
  • 20:28
<<Il ne pense qu'à se soustraire à la puissance paternelle.>>
という文が参考書内にあったので、動詞を変えて書き換えてみようと思いました。

それで書き換えた文がこれ↓
<< Il ne pense qu'à s'enfuir de puissance paternelle.>>

ネイティブに添削してもらったのですが・・・
<<Il ne pense qu'à échapper à la puissance paternelle (ou "Il ne pense qu'à échapper au pouvoir paternel.").>>

の方がしっくりくるとのことでした。

それで、この文が意味するところの男性の印象を尋ねることにしました。
私は「腰抜け」かな〜と思って、「腰抜け」ってフランス語でなんというのか尋ねました。

「腰抜け」= "lâche、poltron、poule mouillée" というのだそうです。

でもこの文章はそれほど強い意味はないよと教えてもらいました。
単に権力を振りかざす父親から逃げてるくらいの印象を受ける文章なのだそうです。

ニュアンスって難しいですね。いいお勉強になりました。


励みになります。
↓ぽちっと押してね♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

フランス語でひと言日記トレーニング

  • 2013.10.18 Friday
  • 21:12


ご無沙汰してました。


「英語日記表現辞典」の勝手にフランス語訳
「フランス語でひと言日記トレーニング」ですが、
8月19日以来の投稿です。

随分時間が開いてしまいました。(反省)

「虎と小鳥」のまとめにブログがメモ帳のように
なってましたが、こちらも忘れてません!
いや、忘れちゃだめですよね。

今日から車関連の表現を卒業し、通信関連の章へ突入です。

では、行ってみましょう!

フランス国旗←マークは、ネイティブの添削済みです。


バラ 同い年の女の子と文通してる。

J'ai une correspondance avec une fille du même âge que moi.

Je suis en relation épistolaire avec une fille du même âge que moi.

J'échange des lettres avec〜

フランス国旗 Je corresponds avec une fille qui a mon âge.




バラ 私みたいな初心者には、フランス語で手紙を書くのは簡単じゃない。

C'est pas facile à écrire en français pour moi, débutant en français.

フランス国旗Pour moi ce n'est pas facile d'écrire en français, je suis un(e) débutant(e).




バラ 手紙を書くのは上手。

Je sais tourner une lettre.

J'écris bien des lettres.

フランス国旗Je sais rédiger une lettre.

フランス国旗Je sais bien écrire les lettres.




バラ 筆不精です。

Je n'aime pas écrire.

フランス国旗 OK!




バラ ペンパルがいます。

J'ai une correspondance.

フランス国旗J'ai une correspondante.




バラ 私たちはお互いよく手紙を書きます。

Nous échangeons des lettres souvent.

フランス国旗Nous échangeons souvent des lettres.




バラ 始めのころは、フランス語で自分の意見と気持ちを表すのが難しかった。

Au début, c'était difficile à s'exprimer en français.

フランス国旗 Au début, c'était difficile de s'exprimer en français.




バラ 手紙には、だいたい、学校のことを書いてます。

J'écris principalement ma vie scolaire à lettre.

フランス国旗J'écris principalement sur ma vie scolaire.




バラ 学校から帰ると、郵便受けに彼からの手紙が入ってた。

J'ai trouvé une lettre de la part de lui dans la boîte à lettre.

フランス国旗J'ai reçu une lettre de lui dans ma boîte à lettre.




バラ 家に帰ると、一通の手紙が私を待っていた。

Quand je suis revenu, une lettre m'attendait.

フランス国旗 OK!




バラ 友達からの手紙をもらった。

J'ai reçu une correspondance de mon ami.

フランス国旗 OK!




バラ 返事をすぐにもらった。

J'ai reçu sa réponse en un moment.

フランス国旗J'ai reçu sa réponse à ce moment-là.




バラ 2005年10月1日付けの、彼からの手紙を受け取った。

J'ai reçu la lettre datée du 1 octobre en 2005.

フランス国旗J'ai reçu une lettre datée du 1 octobre en 2005.


励みになります。
↓ぽちっと押してね♪

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:フランス文化・フランス語

仏作文ポイント3

  • 2013.10.14 Monday
  • 22:00

 



やっと400番まで見終わりました。改めて振り返って自分の記憶にとどめておきたいものをメモしておきます。今回は51番から84番までのメモです。


saluer ses voisines
隣人に挨拶する
※直接目的をとる。前置詞を取らないパターン。
 se saluerは挨拶をお互い交す場合の単語。

※単純未来形で穏やかな命令形の意味を表す場合がある。
Vous déjeunerez avec moi.
私と一緒に、お昼を食べてください。

réparer ma voiture
私の車を修理する

Elle est tombée amoureuse de Paul.
彼女はポールを好きになってしまった。/ポールと恋に落ちた。


manquerの使い方
Elle a manqué son but de justesse.
彼女はもうちょっとのところで目的を逸した。

manquer de 無冠詞名詞 〜が足りない
manquer de inf 〜しそこなう
manquer 直接目的語 〜しくじる
manquer à qn 〜がいなくて寂しい



compterの使い方 ※数えるの他に
 Comptez sur moi.
  私に任せて。

◆compter + inf 〜するつもりだ。


laisserの使い方
 Il laisse ses élèves bavarder.
◆Il laisse bavarder ses élèves.(こちらの方が自然な言い方らしいです)

でも、laisser faireの場合は
   Il a laissé ses enfants faire ce travail.(こちらの方がよく使われるそうです)
   Il a laissé faire ce travail à ses enfants.


semblerの使い方
 Il semble que + subj 〜のようだ
  Il semble qu'elle soit malheureuse.

  彼女は不幸のように思われる。

でも、
◆Il semble à qn que + 直説法
 
  Il lui semble que son fils n'est pas heureux.

  彼(女)には息子が幸せではないように思われる。

 sembler + inf 

ぁsembler +形容詞



Excuses moi〜の使い方
 Excusez moi de vous avoir fait attendre.
  待たせてしまって申し訳ない。(すでに待たせてしまった場合)

◆Excusez moi de vous faire attendre.
  待たせてごめんなさい。(いままさに待たせている場合)


Il faut que + subj

aider qn(A) à + inf(B)
AがBするのを助ける

emêcher qn(A) de + inf(B)

AがBするのを妨げる



励みになります。
↓ぽちっと押してね♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村




JUGEMテーマ:
フランス文化・フランス語

「虎と小鳥」120話メモ

  • 2013.10.13 Sunday
  • 18:45
JUGEMテーマ:フランス文化・フランス語


今日の「虎と小鳥」はビオ製品などを扱うお店「Le Comptoir De La Nature」での取材でした。シテ島からパリ左岸5区を貫くSt.Jacques通り沿いにあるお店のようです。
サン・ジャックは聖ヤコブの意。店に書かれた文字「Bonne route sur le chemin de Compostelle」の意味を尋ねられ店員さんが答えてますが、巡礼の道なんですね。
レ・ミゼラブルでも有名なSaint Jacques du Haut-Pas教会には聖ヤコブの遺骸が安置されているとか・・・。
サンティアゴ巡礼路フランス編というサイトに詳しく書かれていましたよ。

 

今回は、聞きなれない単語(果物や植物の名前)がずらずらと出てきます。
↓はシロップの瓶ですが、単語がピタッと頭に入るように果物などの画像を探してみました。



le sorbier ナナカマド
※日本でも北海道あたりではよく街路樹として
植えられているそうです。

 
la baie d'aubépine セイヨウサンザシ




la nèfle des bois セイヨウカリン



※la nèfle du japon 枇杷


l'ortie(f) セイヨウイラクサ
     ※ネトルでも知られてる



le pissenlit セイヨウタンポポ



l'amélanchier ジューンベリー
※セイヨウザイフリボクのこと



le cynorrhodon ローズヒップ



caseille カゼイユ
※カシスとスグリの交配種



la framboise フランボワーズ(ラズベリー)



l'acacia アカシア



le mûre (ブラック)ベリー




↓はla réglisse 甘草です。ちょっと甘苦い、ハーブティーのブレンドによく入ってるあれですね。木のまま「かじる」というか「なめる」と歯茎や歯に良いということでしたね。

 



ビオ関係の店らしく、聞いたことない分類のワインが出てきました。le vin en biodynamieはなんとなく聞いたことあります。

バイオ・ダイナミック農法といって、シュタイナーがらみの哲学を背景に作られてる、月とか太陽暦とかを基本に置いた農業のやり方で作ったワインです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E8%BE%B2%E6%B3%95


もう一つ出て来たのが、le vin en cosmocultureです。
コスモカルチャーで検索しても日本語のサイトはあまりなさそう。
磁気に焦点をあてた農法で作られてて、日本でも着目しているところもあるみたいですね。
どんな農法かと言いますと…こんな感じ。
http://www.tdk.co.jp/techmag/magnetism/zzz06000.htm

電磁波が体に影響大とか言ってるし、自然の磁気を大切にする農法は本当に元気が出そうですね。電子レンジは分子の繋がり温め段階で別物にしてしまうから栄養価がどうのこうの、という考え方もありますものね。ちょっと神秘的な思考がバックにあるようです。

 


今回は文法事項はそう大変ではないのですが、冠詞を含んだ単語表現の豊富さに圧倒される感じでした。
気になった単語は随時このページの更新で付け足すことにします。

☆☆☆ confianceの色々 ☆☆☆

J'ai confiance en moi.
自信がある

Je manque de confiance.
自信がない

Je fais confiance à qn.
私は〜を信頼する

J'ai la confiance de qn.
私は〜に信頼されている。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

C'est bon pour les gencives.(les dents)
歯茎(歯)にいい。
※複数形で使うことが多い

Ça se croque comme ça?
こうやってかじるんですか?

Ça se suce.
なめるんですよ。

Le vin en cosmoculture, ils vont au-delà de la biodynamie.
コスモカルチャー・ワインはダイナミック・ワインを越えたものです。

C'est où on respecte les phases lunaires.
これは月相を重んじています。

le magnétisme terrestre
地磁気

respecter le nombre d'or
黄金比率を重んじる

rien que de inf〜 ,vous êtes ressourcé.
〜するだけで、リフレッシュできます。

Y'a donc tout un magnétisme qui est favorable au vivant, animal, végétal et humain.
ですから生物、動物、植物、それから人間にとって好都合の磁気があるのです。

La rue Saint-Jacques qui est la premier halte, qui permettait déjà...soit de se restaurer, soit de se soigner, parce que c'était un hospice...comme l'église ne remplit plus ce rôle, aujourd'hui c'est la boutique qui le remplit.

最初の休憩地になるサン・ジャック通りは、そこで体力を回復させたり、身だしなみを整えたりすることができました。最初の巡礼者宿泊所でしたから、もう教会はこの役目を担ってませんから、今ではこのブティックがその役目を担ってます。


↓ 励みになるので
クリックお願いします

 
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
 にほんブログ村

CANAL+のサイトから・・・

  • 2013.10.12 Saturday
  • 20:07



気になるサイト発見。
メモです。CANAL+で芸人発掘によさげなサイトです。


http://www.canalplus.fr/c-divertissement/pid3279-c-reperages-l-emission.html

Veuillez installer Flash Player pour lire la vid&eacute;o

仏作文ポイント2

  • 2013.10.10 Thursday
  • 23:03
今回は21番から50番までで気になったものをメモしてます。
日にちの言い方も忘れがちですのでメモ、メモ!


Le combien sommes nous? 
Nous sommes le 1er mai.


今日は何日ですか?     
今日は5月1日です。



En quel mois sommes nous? 
Nous sommes en avril.


今日は何月ですか?      
4月です。



Quel jour est ce aujourd'hui? 
C'est dimanch.


今日は何曜日ですか?     
日曜日です。




※êtreの過去はallerの意味で使うことがある。経験を問う等
Avez vous jamais été en France? 
Oui, j'y ai été l'année dernière.


フランスには行ったことありますか?    
ええ、去年行きました。



※être à + inf  
「〜すべきものである。」

  Ce livre est à vendre
  その本は売り物です。


※être pour 〜 
「〜の味方である。」


※Tout en étant furieux…
「かんかんに怒っていたにもかかわらず」


※se forcer à inf 
「むりに〜しようとする」


※se montrer aimable (défavorable) 
「親切(非好意的)な様子を示す」


※Je serais heureux de + inf 
「〜するのは嬉しい」語調緩和の条件法


※bien que + subj
「〜であるにもかかわらず」


 

※Ce n'est pas la peine
   Ce n'est pas la peine de + inf
   Ce n'est pas la peine que + subj



※一般的に形容詞と名詞で(Il est と C'est)を使い分ける

Il est 形容詞 de + inf
Il est 形容詞(疑惑、驚き、喜怒哀楽) que + subj
☆この構文で形容詞が疑惑、驚き、喜怒哀楽を表す時queの後は接続法(subj)になる。

Il est 形容詞(確実なこと)que + 直説法
 
☆形容詞が確実なことを表す場合、queの後は直説法になる。

 

C'est 名詞 de + inf




励みになります。
↓ぽちっと押してね♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

本・DVDなどの紹介

日々のつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM