Voyage en France 04/05/2012

  • 2012.05.29 Tuesday
  • 19:36
 
 天気予報は今日も雨、更に雷マークまででてます。今日の予定はProvinsなのに・・・、同行者と朝食を済ませ、パリ市内で過ごすか、それともずぶ濡れ覚悟で行くのか、迷いに迷いました。

 準備も出来て、まだ決めかねていたけれど、ホテルを出る直前にProvins行きを決行することに。
東駅までホテルから徒歩で歩き、余裕かしらと思いきや、当初の時刻前15分に駅に到着しました。

 

 メトロは散々乗って大丈夫だけど、バスと電車が未知の世界の私^^; TGVの切符の窓口は見つけたけど、特急?のチケットを買う場所が見当たりません。駅構内をうろうろ。マダムと紳士な雰囲気の日本人グループもなんか迷ってる感じのグループとすれ違いましたが、ここはインフォメーションよ!ということで、インフォメーションい行くと、若い男性が座っています。けっこう早口だな・・・聞き取れるかな・・・なんて考えてたら、前の人が終わり順番になります。聞いてみると駅の構内中央(改札口が並ぶ真ん中あたり)に切符を買う場所はありました。

 窓口が2つ、並んでいると女性が「もうすぐ乗らないといけないんだけど、順番譲ってもらえる?」と頼まれたので、譲ったのはよかったけど、なかなか終わらない。なんか揉めてる? なので、もう一つの窓口に行くと、「切符はあっちで買ってね!」と来た! なぬ〜!? 一つしか窓口ないんかい(驚) 

 そうこうしていると、隣の女性はいなくなり、私の電車の時間もそろそろ。また元の窓口で切符を買ったのだけど、往復でと言ったらモビリスをくれました。よく見ると「ゾーン5」。あらかじめ調べた本だかサイトだかには「ゾーン6」と書かれていたような・・・。不安 不安^^; 

   

 なので再度インフォメーションへGO! 「これでProvins行けるの?」と確認しに行ってしまいましたよ(笑) ついでにホームの番号を聞いて改札口を出ると、長~いなが〜いい電車が停まってます。歩いていくと、あら?どんどんドアが閉まっていく! どうやら、最後まですべてのドアが開いている訳ではないようです。先頭近くで乗り込み、やっと座席に座りました。すると、いきなりドアがまた閉まり!あっという間に出発したではないですか(笑) アナウンスないとは聞いてたけど、ホントだったんですね〜。

 背の高い座席のせいで景色は窓側でも遮られる感じ、ちょっと圧迫感があったので、ボックス席に移動しました。車内は人もまばらでちょっと気楽な電車の旅になりそうです。

 1時間半弱の片道はあっという間に過ぎ、途中で乗り込んだ修学旅行生らしき一団(たぶんスぺイン人の中学生?)のお喋りをBGMに、ある駅を出発した時、私たちは思わず目を合わせて「!?」という表情になってしまいました。なぜかというと、この電車単線になるのか、スイッチバックで反対方向に進み始めたから! 驚きました〜。 学生さん、すぐに先生に確かめに行って、その様子を見て、私たちも安心したのを思い出します。(笑) というか、ちゃんと引率の先生いたんだね^^

    

 そして到着した終点駅Provins♪ 藤の花が見頃で、駅の真向かいに本当に素敵な藤の花とテラスのある家を発見したのですが、さすがに他人様の家、カメラは向けられませんでした。なので、途中の道すがら、壁に這う紫の滝をおさめることに(笑) まさに滝! 

 昼前には到着したので、ぷらぷら散策。googleマップ様の言う通りに近道を選択したら、実は坂道と階段が(笑) ↓ 見てくださいこの天気^^ 天気予報外れたね、と思いますよね。

  

 この城壁のちょっと先、観光局まで歩いて行くと受付のお兄さんが「こんにちは」と日本語で対応してくれました。でも挨拶だけね。チケットを売ってくれるのは女性の方だったらしく、分業?なのかなと思いました。 パスを買ったので入れたので、

 .哀薀鵐献紂Ε・ディーム・・・当時の町の職業などを紹介する人形館

 地下に降りる階段が急で、中はひやっとして、ちょっとカビ臭いカーブを思わせる懐かしい匂いがしましたよ。フランス語のガイド機器を借りようかと思ったら、身分証を引換なのね、めんどくさいと思ったので断念。「なんなのよこの娘、借りたいっていったくせに、急にころっといらないなんて、なんで?」という顔をしてたな〜マダム。パスポートは肌身離さず携帯しときたいのよ、理解して(笑)

 ▲札供璽訶磧ΑΑΠ貳屬慮晴らしのいい塔 ↓ が塔からの眺め。

 

 

  遠くに広がる黄色い絨毯は菜の花colza畑。

      

 ↑の暗い通路は、セザール塔(牢屋としても使われた)の通路。人一人やっと通れる階段です。

 
 プロヴァン市及びプロヴァン市民博物館・・・棺や家具、生活用品の展示

    

 右の樽 何だと思いますか?今でいう「コウノトリのゆりかご」だそうです。ヨーロッパはこの救済措置の歴史が古いんですね。 中にお人形が寝かせてありました。リアル!

 っ浪柴察ΑΑΑκ源通り地下道(残念ながら時間の都合で訪れず)  


以上をパスで回って 昼食を食べることに!

  

 広場の一角のお店で食べたのは・・・

 ★鴨のリエット
 ★豚ヒレ肉のチーズソースとポテトの付け合せ
 ★クレームブリュレ

 相方の前菜サーモンのテリーヌが美味しそうだったけど、リエットもおいしかったです。


 食後に見たのはスペクタクル2本立て! 

  これは 「騎士伝説」

 

 小学校にあがる前の子供たちと父母さん達と、幼稚園の先生に囲まれ、「チーボ、チーボ!」と大絶叫しました(笑)因みにチーボは人の名前。伝説の騎士なんです。この村の通りの名前にもなっている、有名な人なんですね。

 

 演技が、かなりアクロバティックで本格的。馬の曲乗りや体力勝負の見せ場はかなりなコストパフォーマンスだと思います。おすすめ!

 

 かっこいいですね〜♪ ほんとに映画の中、ここだけ中世にタイムスリップしたようでした。
巨大なロバ!?、初めてみるくらい、馬より大きかったし(驚)
 


 午後の昼下がり、5時頃の電車で帰る前にもう一つスペクタクルを見る予定があり会場へ向かいました。時間ぎりぎりでしたが、チケット売りのマダムに「熱いですね〜」なんて話しながら向かった先は…。

 

 
 そう、猛禽類のショーです。これは梟。鷹、禿鷹、隼、梟 これが先ほどのショーと比べると地味なんですが、座っている頭上を本当に10センチくらい上、あるいは羽がかすめるくらいのところを鳥が飛んでいくんです。カメラを構えて真正面から、なんてことも可能。

 かなりプロヴァン滞在を愉しんだ私たち。ところが…ぽつ ぽつ ぽつ、遠くでは雷が!
ショーの間傘をさすことはできません。ここで、荷物になるかと思ったけれど、がんぱって持ってきたカッパが役に立ちました。先ほどまで暑かったのに、今度は寒いし、風よけにちょうどよかった。しばらくすると雨も止み、ショーを見終わって駅に向かう間はどうにか空は涙をこらえてくれたようでした。

 

 この街は中世の雰囲気を残した世界遺産に登録された村なんですね。村かな街かなw?
なので、フランス人の遠足、旅行先になっているようでした。小学生からおばあちゃん、おじいちゃんまで、ほんとうに沢山の人たちが来ていましたよ。団体バス旅行のバスも沢山見かけました。途中、小学生の女の子に「こんにちわ」とすれ違いざまに日本語で挨拶されたりもしました。この日、この村には日本人は私たち二人だけでしたけど、日本語のパンフレットもあったので団体でくるのかな?
 

 
 帰りの電車は終点なのでとりあえず来た電車に乗ればよいわけですが、有人の切符売り場は午後5時を過ぎると勤務時間外らしく、もう人がいませんでした。モビリス買っといてよかった(笑)打刻しないといけないのか、わからなったので感じよさそうな女子学生さん?に聞いたのですが、「ふつうはするんだけどね・・・」といまいちわからなったので、打刻せずに困るよりしてしまえ!ということで機械を通してみると、穴が開いただけでした。どうもモビリスクーポンはここでは何もせずによさそう!(笑)旅行って本当に調べても、調べても、わからないことだらけです。楽しいけどねw

 



 

 プロヴァンを後に電車に乗って一路パリは東駅へ。モビリスが使えるので、到着後メトロに乗ってモンパルナスのモノプリへ。楽しかった♪ 地下の食品売り場が ほんと楽しかったです。山羊のチーズ クロタン・ド・シェーブルの2個入ったパッケージを買って、果物を買って、お土産を籠に入れて…。
 
    

 チーズ専門コーナーには百種類以上あったのでは?チーズがずら〜り。天国ですね。ただ、果物屋のおっちゃんはいただけなかったです。ブロンドの長身マダムには愛想ふりまいてたくせに、私には、無表情! そうさ、そうさ、私は色黒ちびっ子アジア人だい ! まあね、お店の品ぞろえが素晴らしくときめかせてくれたので大目にみてあげてもよくてよ(激)上の写真のクロタンだって二つで400円くらいだったけど、本当に美味しかった♪ 全然臭くない、あのクロタンなのに、ヤギなのに(驚)

 とまあ、一言二言多い私ですが、歩き疲れていたこともあり、時計を見ると時既に夜9時過ぎ!? 周りが明るいんで感覚が狂います。当初の予定ではモンパルナスタワーの展望所に上る予定でしたが断念してホテルに戻ることにしました。

 

 ここまで、つらつらと旅行第2日目について思い出の糸を手繰って書いてみましたが。お付き合いいただきありがとうございます。第3日目はお買い物の日です。その話は、また後日。
コメント
町全体が世界遺産!こういうところ面白いよね!
何だか色々と堪能したようね。
やっぱり「地球の歩き方」とか買うの?交通機関の事とか詳しく載ってそうだが。
  • arichu
  • 2012/06/02 12:23 AM
「地球の歩き方」は昔買ったのを見るけど、基本ネット検索かな。でも実際「地球の歩き方」だとTGVのことは書いてあるけど今回乗った電車の乗り方とか出てないのよ(笑)日本でいうJRのHPを検索になっちゃうね。だから、ガイド本とHPと個人のブログ体験談からの情報の寄せ集めで知識の穴埋めするの。

どうにかなるさ!で何も調べずに行けない性質!?でも、結局はその場で疑問は湧いてくるけどね(笑)
ありちゃんは事前に調べつくす派??
  • tocotoco
  • 2012/06/03 10:18 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

本・DVDなどの紹介

日々のつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM