2日目(手術当日)

  • 2013.03.26 Tuesday
  • 12:00
手術当日は朝7時半から点滴が始まると聞いていたのでトイレに行ったり身支度を始めたりとそわそわしていると看護師さんが血圧と熱を測りに来ます。手術なんてしたことない私は、薄く化粧をしてたし、マニキュアも落としていなかったものですから、「落としてくださいね」と言われ慌てました(笑)
マニキュアの除光液は看護師さんに借していただきました。思わず「眉だけは描いてもいいですか?」って尋ねましたよ。はい。でも、却下されました(泣)

点滴が始まり、点滴ラックを引きずりながら最後のお手洗いに行きます。



「あ・・・しばらくトイレいけないんだ」と気分はブルー。全身麻酔では文字のごとく全身の筋肉の力が緩みますので、稀に出てしまうことがあるらしく、そんなことになるのは避けたかったので「出るものは朝のうちに!」と頑張りましたよ(笑)

手術は午前9時。8時50分頃までに手術着(浴衣っぽい前開きの服)に着替え、下着はつけません。家族が病室に来て、ベットごとごろごろと廊下を手術室まで移動します。
丁度先生も手術室入りするところで、家族と手を振って別れ部屋に入りました。

ベットから手術台に上がる前の狭いストレッチャーに乗り換え、手術着を脱ぐと、見えないように上から布をかけていただけました。親戚のおばさんが盲腸で手術の時はこの心遣いはなかったようなので、私がまだ少し若かったからかな・・・と思います。手術室には5,6人見えたのですが、後で聞いたところ14,15人はいたのだとか意外でした。だってドラマだと5,6人でしょ(笑)

部屋はドラマで見るライトが天井に大きくこちらを向いていて、薄緑かブルーの寒々しい色味だったと記憶しています。微かに聞こえる歌が、たぶん先生の好きな曲なのかな?緊張している私に、担当の看護師さんが挨拶をし名前の確認をされました。ひと言ふた言話していると、麻酔の先生が目に入ってきます。点滴に麻酔が追加され、「ぼ〜っとします」と言ったとこまでは覚えてますが、それ以降は何も覚えてません。

意識が戻ったのは病室へ戻ってから。先生が出てきた腫瘍を見せてくれたらしいのですが記憶なし(笑)前日、写真を撮りたいからと先生に言っておいたので家族が写真を撮ってくれてました。ちなみに手術部屋に入って出てくるまで一時間くらいだったみたいです。麻酔の時間が30分くらいのようでした。




大きなジャム瓶に半分くらい・・・グロイですね。これがわたしの左肩甲骨あたりにぴた〜っと張り付いていたんですね。「見た感じ悪いものではなさそうだけど、一応病理に送っておくから」とのこと。良性でも再発することが稀にあるみたいなので、残らず全部取り除かれたことを祈ります。



朦朧として、眠って、動けなくて、翌日まで点滴を3本ほど。麻酔が切れて5時間くらいしてからかな、お茶は飲めるようになりました。



これ↑貸してもらいました。「楽飲み」とか言うのかな?

寝るしかないので、居心地の悪さを我慢してひたすら朝が来るのを待ちました(笑)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

本・DVDなどの紹介

日々のつぶやき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM